忍者ブログ
こちらはシルバーレインの参加キャラクター『如月狩耶』の日記です。あくまで架空の人物です。こんな名前の人が現実にいるわけがありません。きっと、たぶん、おそらく、いないかもしれない。
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『どこかでなにかを間違えていた』

■嫌悪するもの
 ・鏡
  狩耶は自分が鏡に映ることを嫌います。
  また鏡に映されたとしても、その鏡にうつる自分を『認識』できません。
  部屋においてある鏡は全て叩き割られていました。
  今現在の狩耶は、鏡を叩き割るといった行動はおこしません。

■苦手なもの
 ・虫
  苦手です。とにかく苦手です。
  戦闘中はある種のスイッチが入っていますが、それでも好きにはなれません。
  ごめんよ、全国の虫好きのみんなっ!

 ・銃器類
  とにかく扱えません。
  思い通りにいかなさすぎるので、本人はかなり苦手意識をもっています。

 ・杖(じょう)
  視界がとたんに広がり、考えをめぐらせやすくなります。
  そのため、戦闘が終ると極度の疲れを感じます。
  その疲れを、本人は嫌がっています。

 ・短刀
  上記の杖と同様です。

 ・八宝菜
  その独特の味がなかなか受け入れられないそうです
  (食べることは普通にできます)

■???
 ・狩耶が両親だと信じているのは、本当の肉親ではありません。
  彼女はこの事実を知ることはなく、また誰も教えることはありません。
  義父は事故死、義母は病死しています。
  ですが狩耶は、両親のことを楽しげに語り、今でも生きているかのように話をします。

 ・本当の肉親である母には義理の子供がいます。
  狩耶にとっては義兄にあたる人物で、狩耶が能力者に目覚めたのは彼と接触した為です。
  義兄が彼女の存在を知ったのはこの後のことであり、現在狩耶を探している模様。
  しかし、狩耶が義兄と出会うことはないでしょう。
  狩耶自身それを知らないし、義兄は例え狩耶と出会ってもそれを教える気がないからです。

 ・近所の兄弟
  昔、狩耶には仲良しの近所の兄弟がいました(二人とも年上)。
  兄弟は仲違いをしてしまい、結果狩耶からも距離をおいてしまいました。
  兄のほうは有名企業に入社したが、後に責任を問われて退社させられました。
  弟のほうは暴力団に組したが、海外へと逃げた。
  二人とも現在では行方不明である。
  狩耶の男とはこうあるべきの理想像であった二人です。

 ・狩耶の過去
  狩耶の記憶はところどころ抜け落ちており、損傷が激しい状態です。

  『自分は過去は男だったはず…』
   これは近所の兄弟と過ごした記憶の誤変換です。

  『この懐中時計は両親からもらった』
   これはゴーストとなり彷徨っていた少女が、狩耶に渡そうと握り締めていたものです。
   狩耶はそれを武器だと勘違いし、クリスマスの夜そのゴーストを退治しました。
 
  『自分はチーズケーキが特に大好物だ』
   それは狩耶の本当の母親が好んでよく食べていたもの。
   過去の狩耶は甘いものが全般的に駄目でした。

  『自分には探している人がいる』
   その人物の特徴は、今現在の狩耶自身と似ています。
   それは、狩耶が失った過去の自分自身を本能的に捜し求めている為です。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ぱんだのぱん屋
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]