忍者ブログ
こちらはシルバーレインの参加キャラクター『如月狩耶』の日記です。あくまで架空の人物です。こんな名前の人が現実にいるわけがありません。きっと、たぶん、おそらく、いないかもしれない。
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [21]  [20]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仮プレイです。
変更はご指摘にしたがって行います。

■心情
・戦闘前
 僕は猫が好きだ。
 だから本当は怖い依頼なのだが、それでも猫をとめてあげたい。
 痛み、迷い、哀れむ心を殺してでも、猫をとめないといけない。

・戦闘時
 何も語ってはならない。猫への心は殺し、戦う心だけは残したのだから。
 だが、できるだけ苦しみが少ないようにしたい。これは甘えだろうか…。

■説得
説得班に任せることとしよう。

■戦闘
路地裏で腐敗猫を担当する。配置は前衛だ。
すばやくイグニッションし、ハルムベルトを構え、現れる腐敗猫と戦う。
まずは腐敗猫のどちらか一体をフレイムバイディング奥義で拘束する。

拘束成功時は、素早くその一体にフェニックスブロウ奥義を浴びせる。できればこのときは、全力で…苦しみが少ないよう一太刀ですませるようにする。これでも倒れないなら、倒れるまで攻撃しよう。

拘束に失敗した場合は、他の前衛の仲間と協調しながら、通常攻撃を牽制用にし、フェニックスブロウ奥義を中心とした戦い方を心がける。
もしも腐敗猫が逃げようとしたら、容赦なく残ったフレイムバイディング奥義を放ち、逃がさないように最善を尽くす。

■戦闘終了後
 墓作りに協力しよう。
 本当に悲しいのはレン君だ。
 もしもレン君が墓作りにきていたら、墓を作り終えたときにその手を暖かく握ってあげたい。彼が少しでもホッとするように、強く生きていけるようにと願いを込めて…。
 だから涙と悲しみは、絶対にもらしたりしない。


以上だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ぱんだのぱん屋
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]